【金融政策決定会合】日銀・黒田総裁、長期金利上昇を容認「0.2%程度」

日銀は30─31日の金融政策決定会合で、強力な金融緩和策の持続性を強化する措置を決定した。長期金利を「ゼロ%程度」に誘導する目標自体は維持しつつ、変動幅の拡大を容認。黒田東彦総裁は会合後の記者会見で、従来の倍に相当する「プラスマイナス0.2%程度」を念頭としていることを明らかにした。上場投資信託(ETF)では、東証株価指数(TOPIX)連動型の購入割合を拡大することも決めた。 続きはこちら ht...

関連性のある記事

サブコンテンツ