【悲報】名門パイオニア、スマホに泣く!カーナビなど車載特化が裏目に…

オーディオの老舗として親しまれた名門企業パイオニアが、抜本的な経営再建策を検討し始めた。近年はプラズマテレビや音響機器など主力事業から次々と撤退。カーナビなど車載機器事業に経営資源を集中してきたが、スマートフォン(スマホ)の普及などでここでも簡単には稼げなくなっていた。 続きはこちら https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33975350Y8...

関連性のある記事

サブコンテンツ