日本の腕時計、70万~80万円から100万円を超える高価格商品へシフトしている模様 →

国内の腕時計メーカーが70万~80万円から100万円を超える高価格商品へのシフトを急いでいる。5万~20万円前後のミドルクラスは人工知能(AI)を使ったスマートウオッチなどと差別化ができなくなっているためだ。「職人技」を武器に付加価値を訴えるが、欧州の高級ブランドの壁はまだ高い。 続きはこちら https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34037...

関連性のある記事

サブコンテンツ