【悲報】レオパレス、6年ぶり赤字転落!仕切り壁問題で特別損失…

レオパレスが10日発表した2018年4~6月期決算は、純損失が9億円の赤字となり、四半期としては12年4~6月期以来6年ぶりの赤字に転落した。過去に建てたアパートで天井裏などの仕切り壁が未設置なケースが多数見つかり、補修工事などの引当金として50億円を特別損失に計上したためだ。 問題となっているのは「界壁」と呼ばれる仕切り壁で、建物の延焼防止や遮音のために天井裏まで届くよう設置することが義務づけ...

関連性のある記事

サブコンテンツ