ロシア大統領報道官「領土問題の解決は、数十年を要することがある。平和条約締結とは切り離して考えている」

インターファクス通信によると、ロシアのペスコフ大統領報道官は12日、プーチン大統領が年内の日露平和条約の締結を安倍首相に提案したことについて、「領土問題の解決は時として数十年を要することがある」と述べ、北方領土問題の解決と平和条約締結を切り離す提案だとの認識を示した。 ペスコフ氏は、ロシアと中国の国境線画定も長期間かかったと指摘した。その上で、「プーチン大統領主導のまったく新しい提案で、安倍首相...

関連性のある記事

サブコンテンツ