菅官房長官、日米株暴落を受け「市場含め日本経済の動向を注視、万全の態勢とる」

菅義偉官房長官は11日午前の会見で、米株暴落を受け日経平均株価が一時900円以上下落したことに関して、「株価の動向について政府の立場でコメントはひかえる」と述べた。この上で「米国経済をはじめ世界経済は堅調に推移している」と指摘。日本経済については「企業収益は過去最高、雇用所得は改善し、経済の好環境は確実に回りはじめている」との認識を示した。金融市場の動向を含め世界経済、日本経済についてしっかり注視...

関連性のある記事

サブコンテンツ