【悲報】日本のIT業界、基幹システム老朽化で「オワコン」な模様…

日本企業のIT(情報技術)投資が足りない。新しい製品やサービスをつくるためのシステム投資は鈍く、限られた投資の大半が古いシステムの保守や点検にまわっている。経済産業省は2025年には6割の日本企業で基幹システムが老朽化すると推計した。ビッグデータや人工知能(AI)を使うビジネスに、多くの日本企業が乗り遅れる恐れがある。 「数十年前に作られたシステムの保守や管理に追われている」。都...

関連性のある記事

サブコンテンツ