日銀・黒田総裁「ETF買入は出口検討の局面にない。リスクプレミアムは明確に低下した」

日銀の黒田東彦総裁は7日の衆議院財務金融委員会で、上場投資信託(ETF)の買い入れについて、株式市場のリスクプレミアムは明確に低下したとして効果を強調した。もっとも、物価2%目標の実現が遠い中で、他の手段を含めて金融緩和からの出口戦略を具体的に検討する局面ではないと語った。宮本徹委員(共産)、丸山穂高委員(維新)の質問に答えた。 黒田総裁はETF買い入れについて、現行の長短金利操作付き量的・質的...

関連性のある記事

サブコンテンツ