【悲報】教員の負担を軽減するための新職業「コピー係」、爆誕wwwwwwwwwww

学校現場の働き方改革の一環として、教員の事務作業を支援する「スクール・サポート・スタッフ」を県内の一部の小中学校に導入したところ、教員1人あたりの勤務時間が1か月で7時間削減できたことが、県教育委員会の調査でわかり、来年度に向けてスタッフの増員も検討されています。 続きはこちら http://www3.nhk.or.jp/lnews/otsu/20190115/20600018...

関連性のある記事

サブコンテンツ