スカイマーク会長が「Ruby on Rails」を学ぶ理由がこちら →

2018年12月28日、多くの会社が仕事納めを迎えた日。1年の仕事を終えてホッと緩んだ世間の雰囲気と対照的に、そのビルの1室は真剣な空気に満ちていた。中で行われていたのは、プログラミング講座。受講者は思い思いにPCと向き合ってRubyと格闘したり、他の受講者とディスカッションしたりしている。 - 中略 - 多忙を極める佐山氏が、貴重な時間を割いてわざわざプログラミング講座に...

関連性のある記事

サブコンテンツ