【国民生活調査】「生活苦しい」57% 平均所得4年ぶり減少 前年度比-86,000円 厚労省

1: 稼げる名無しさん 2019/07/02(火) 17:51:16.85 1世帯当たりの平均所得は、おととし、551万円余りと4年ぶりに前の年を下回り、生活が苦しいと感じている世帯は、全体の57%に上ったことが厚生労働省の調査で分かりました。 厚生労働省は毎年、一部の世帯を抽出して所得の状況を調べる「国民生活基礎調査」を行っていて、去年7月、全国6000世帯余りから回答を得ました。 ...

関連性のある記事

サブコンテンツ