てんかん、発作止まるメカニズム解明 脳内特定部位の冷却で 群馬大の研究グループ

1: 稼げる名無しさん 2019/10/30(水) 05:48:04.59  てんかん発作に伴う脳内の温度上昇で、特定のたんぱく質が異常に活性化し、症状を悪化させる仕組みが判明し、群馬大大学院医学系研究科の柴崎貢志准教授らの研究グループが29日発表した。このたんぱく質の働きを抑制すると発作が止まったことから、有効な治療法の確立につながるとしている。研究成果は31日、米学術誌「ラボラトリーイン...

関連性のある記事

サブコンテンツ