【悲報】iPS備蓄、支援打ち切りの可能性が伝えられる

1: 稼げる名無しさん 2019/12/01(日) 20:48:46.76  人工多能性幹細胞(iPS細胞)の備蓄事業を進める京都大に対し、内閣官房の担当者が来年度から国による支援を打ち切る可能性を伝えていたことが1日、関係者への取材で分かった。  国は2022年度までの支援を予定していたが、方針が転換された形で、事業の責任者を務める京大の山中伸弥教授は支援の継続を訴えている。 ...

関連性のある記事

サブコンテンツ