【悲報】「羽田」一人勝ち、大競争時代に生き残る空港はどこだ?

1: 田杉山脈 ★ 2020/01/13(月) 04:32:21.19 ID:CAP_USER LCCとコンセッション方式が左右  東京五輪・パラリンピックを前に3月末、羽田空港の国際線が1日50便増加する。豊富な国内線網に加えて「日本の表玄関」としての機能が強化されることで、利便性の向上や国際競争力アップに期待がかかる。一方、主要路線の多くを羽田に奪われる形の成田空港や、一部を除いて赤字...

関連性のある記事

サブコンテンツ