ロボ事業再挑戦のソニー「人に見せびらかしたくなるものがソニーらしさ」

ソニーは2000年代に撤退した家庭用のロボット事業に再参入する方針だ。東芝など他メーカーが家電事業の売却や縮小を進める中、ソニーはゲームやオーディオ、ロボット事業を含むエレクトロニクス(電機)事業を強化し、ブランド力の再興を目指す考えだ。平井一夫社長は読売新聞の取材に対し、エレクトロニクス部門について、「既存の商品を進化させるだけでなく今までにない新しい分野の商品を生み出す。人に見せびらかしたくな...

関連性のある記事

サブコンテンツ