内閣官房参与・堺屋太一「将来の日本人を作るために今こそ移民受け入れを」

「将来の日本人を作るために、今こそ移民受け入れを行うべきだ」──。元経済企画庁長官で、現在の安倍晋三内閣で内閣官房参与を務める作家の堺屋太一氏が、NPO法人「万年野党」(理事長・宮内義彦氏)の総会で基調講演を行い、外国人人材の受け入れを加速させるべきだと力説した。 続きはこちら http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/0219...

関連性のある記事

サブコンテンツ