移民を受け入れ続けたドイツ、5人に1人のルーツが外国人と判明→

ドイツ連邦統計庁の発表によると、ドイツの人口の5人に1人は外国人のルーツを持っており、この割合は若年層になるほど多くなることが明らかになった。ドイツの人口に占める外国人のルーツを持つ人の割合は、5人に1人に当たる20%で、1710万人に上る。これは昨年比で4.4%増加しており、過去最高の数字を記録。 続きはこちら http://newsalt.jp/international/...

関連性のある記事

サブコンテンツ