10月7日(金)ポンド急落の真犯人「日本人の誤注文説」が浮上wwwwwwwwwww

7日にGDP/USD(ポンド/ドル相場)が一時、1985年3月以来、実に31年来の最安値の水準まで急落を起こしたのは、アジアのディーラーが誤注文を行った可能性が強いことが明らかとなった。ファットフィンガーによる誤注文は、他の市場に比べて日本で特に多いのが特徴ともなっており、取引関係者の間では、誤注文といえば日本を連想する向きも広がっている。 続きはこちら http://busi...

関連性のある記事

サブコンテンツ