仕事できない男は「汚い部屋」で見抜けることが判明→

自身もかつて朝から晩まで働いても収入が増えない時期があったが、当時の部屋は物で溢れかえっていたとか。「そこで心理学の実験も兼ねて部屋の物を9割捨ててみたところ、出費が減り、本当にやりたい仕事が明確に見えると同時に集中力も高まったのです」単なる“断捨離”とは違い、適切な片付け行動によって心理に変容をもたらすのが、伊藤氏のアプローチだ。 続きはこちら http://hbol.jp/...

関連性のある記事

サブコンテンツ