コーラやサイダーに20%課税キタ─ヽ(‘∀’)ノ─!!

報告書をまとめたWHOのダグラス・ベッチャー医師は、「清涼飲料水や食品の摂りすぎが、子供や若者に肥満と糖尿病が増える要因のひとつ」だと指摘したうえで、「糖分が多い飲み物に対して政府が20%以上の課税をすれば、摂取量が減少し、病気が減って社会医療費も削減できる」と提言している。 続きはこちら http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/7/172...

関連性のある記事

サブコンテンツ