金融庁「銀行は、今後の企業の将来性をみて貸し出して」

金融庁は、今後の重点施策を示す「金融行政方針」を発表した。不良債権の処理を最重視してきたこれまでの姿勢を転換し、銀行に企業の将来性をみて貸し出しを増やすよう促す考えを明確にした。「顧客本位」を掲げて担保に頼らない融資の拡大を求める森信親長官の改革には、金融界から反発も出ている。 続きはこちら http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF21H1H_R21C1...

関連性のある記事

サブコンテンツ